macOS向けのアプリの配布

macOS(OS X から呼び方が変わるらしい)でのアプリの配布ってどんな感じなのでしょうか?

iOS向けアプリだと画面が小さいのでちょっと…って感じるところがあり…やってみるとiOS向けの配布と同じような感じでした。

数年前は、OS X向けアプリの開発をするにはiOS向けとは別のライセンスになっていたのですが統合されたようですし敷居が下がったのかなぁ。

 

注意)

この方法で済むのは、Appleのライブラリのみで作成したものかなぁ…

OpenCVなどのライブラリを使ったりすると配布先のmacに同じような構成でインストール済みか、.appにライブラリを含めるかしないといけませんでした。

 

環境

  • OS X EI Capitan 10.11.5
  • xcode7.3.1

 

メニューから product – archive

スクリーンショット 2016-07-04 11.40.05

 

Export… を選択します。

スクリーンショット 2016-07-04 11.40.32

 

プロビジョニングプロファイルを選択します。

スクリーンショット 2016-07-04 11.40.46

 

ライセンスの条項が変わったらしいので、Visit Member Center を選んで更新しておきます。

スクリーンショット 2016-07-04 11.41.10

 

普通は前の画面は出ずにこの画面になると思います。

スクリーンショット 2016-07-04 11.43.22


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA